家系図リーディングファシリテーター養成講座

家系に隠された愛の物語を思い出す

家系図リーディングファシリテーター養成講座

 

代々受け継がれている家系の中に存在する暗黙のルールや決まりごとは、自覚・無自覚関わらず、その家族に大きな影響を与えています。クライアントを中心に、両親や祖父母、親戚、子どもたちとの関係を家系図を使って見える化し、家系に隠された愛の物語を思い出していくのが、家系図ファシリテーターです。

 

【なぜ家系図なのか】

通常、人が抱える悩みや問題は、カウンセリングやコンサルティングを通じて、抑圧した感情の解放、それらから派生する自己否定などを認識し、解決の糸口を見出していくことができます。

ですが、本人に抑圧した感情や自己否定、ずれた自己解釈がないにも関わらず、なぜか問題が立て続きに発生したり、本人は幸せなのに家族や周囲の親戚が苦しんでいるといった、クライアント本人に原因が探れないケースがあります。このようなケースから生まれたのが、家系図セッションです。

家系図セッションでは、自分と両親との関係を超えて、「自分の両親とその両親(祖父・祖母)との関係」を中心に、祖父母の代で起きていた問題と同じような問題が、クライアントの周囲に起きていないかを探っていきます。この際、「フラクタル」と呼ばれる相似形を家系内に探し、キーパーソン、バランサーといった重要人物の癒しを通じて、家系に受け継がれていた負のエネルギーを、愛の物語へと変えていくことができます。

 

【家系図で扱う4大テーマ】

家系図で扱うテーマには、「人間関係」「金銭関係」「子ども関係」「健康」という4つのテーマがあります。

① 人間関係
両親との不仲や、親から愛されなかったという思い込み、両親や親族同士の不仲、両親の離婚などを経験している場合、両親のようになりたくないと思っていても、両親と同じパターンや思考の癖などが身についてしまっていることがよくあります。

② 金銭関係
破産、倒産、借金、貧乏など、お金の問題が隠されている家系には「服従と支配」というテーマが隠されており、主に「男性」に関する課題に直面することがよくあります。家系内の男性が絶対的な地位を確立したり、「男はこうあるべき。女はこうあるべき」といった強い信念が家系の中に充満していると、女性の力が発揮されず、男性は家族に安心を感じづらくなり、不倫や浮気などの女性関係のもつれ、金銭的なトラブル、暴力沙汰などに至るケースがあります。

③ 子ども関係
不妊、流産、隠し子、不倫、水子、後継者問題など、子どもに関する問題があるときは、夫婦仲のトラブルが隠されている場合があります。夫婦仲が良好でなければ、その影響は子どもへと受け継がれていき、子どもは両親の未成熟な部分、完了しなければならないテーマを浮き彫りにし、子育てを通じて、両親自身が抑圧してきた感情と向き合う機会が与えられていきます。

④ 健康
親族に特定の病気や死に関するトラブル(ガン、心臓病、脳卒中、事故死、自殺、短命など)が家系内に多く、それらが繰り返されている場合は、家系のテーマとして現れている可能性があります。健康は、肉体的な側面、精神的な側面、霊的な側面の三つの観点から考えていきますが、肉体的、精神的に充実しているにもかかわらず、健康状態がすぐれない、原因不明の病が家系に続く場合は、霊的な原因があると考えることができます。家系図は、病気を治癒することが目的ではなく、家系に対して向き合っていく可能性のいくつかを見出していくことを大切にしています。

 

【家系図を読み解くときに大切なこと】

家系図を読み解いていくための基礎的な知識として、7つの法則があります。家系図にこの7つの法則を当てはめていくことで、家系に受け継がれているテーマを発見・分析し、今に生きる私たちに出来ることを明確にすることによって、過去・現在・未来を繋げていくことができます。

ですが、家系図をつくり、家系のテーマを知ったとしても、わたしたちが行動しなければ、現実を変えることはできません。また、問題意識を持っている人だけがなんとかしようとするのではなく、家系の中で協力者を探し、一緒に行動していくことをお勧めします。

家系図は問題探しではなく、自分の家系に感謝すること、今の自分や家族、親族を愛することを通じて、過去からの流れを変えて、未来に愛の物語を受け継ぐことができます。

 

【こんな人におすすめ】

・家族にまつわるテーマを抱えている人

・自分や家族をもっと愛したい人

・自分自身は幸せなのに、家系に同じようなテーマが現れる人

 

【カリキュラム(2泊3日)】

 

<DAY1>家系図を「知る」
家系図とは何か
家系図の基礎知識 
家系における4大テーマ(人間関係/金銭関係/子ども関係/健康)

<DAY2>家系図を「読み解く」
家系図を読み解くための7つの法則(フラクタルの法則/順行・逆行の法則/陽転・陰転の法則/陰陽の法則/男女継承の法則/役割継承の法則/陰徳・隠匿の法則)
家族の役割(家系の中心は男女・夫婦の愛情/各立場の役割

<DAY3>家系図を「書く」
家系図セッションの全体像
家系図を書いてみよう

 

【参加資格】

・家系の問題を自責、他責することなく、自分自身や家族を愛しながら丁寧に取り組むことができる人

・1DAY講座に参加している人、もしくは半年以内に参加する人

 

【費用】

一般価格:168,000円(税別)

会員価格:158,000円(税別)

 

【認定要件】

・二泊三日の合宿すべてに参加すること

・所定のレポートの提出(800文字程度)

・モニターセッション10件以上

・実技試験

 

【メイン講師】

一般社団法人アクセスリーディング協会 代表理事
吉武大輔

 

【ファシリテーター紹介】
《久米川夫婦(みさき・ゆうじ)》
3児の父母。結婚直後に妻みさきが鬱を発症。療養のため家事の一切を夫ゆうじが担う。夫婦の対話による癒しによって2年間でウツが完治する。パートナーシップこそ家庭、国、世界平和の鍵だと確信し、カウンセリングや、講演、ネットニュース監修、ドキュメンタリー出演など、幅広く活躍。自身が子育てで葛藤したことをきっかけに、食や暮らし、親子関係、家族療法のセミナーなど多数主催。コミュニティスペースや、共同保育にも力を注いできた。現在は、アクセスリーディング®︎セッションをはじめ、「子育て世代のためのビジネスコンサル」や、講師業を通じて、『家族とともに夢を叶え続ける生き方』を伝えつづけている。

《栗林夫婦(まる・くり)》
再婚同士で結ばれる。結婚当初、妻まりこの3人の子供も一緒に暮らしていたが、諸事情で3人を元夫に託すことになる。3人を手放した悲しみ、罪悪感…が猛烈な怒りとなり、激しい夫婦げんかを繰り返す。夫婦仲を良くするため、和を重んじる古代舞、心理学、ボディワークなど、様々なセミナーを受けるなか、2016年夫さとしの仕事で吉武大輔と出会う。ふたりで問題や恐れの奥にある愛を見る視座を習い、現実が大きく動き出す。

2018年アクセスリーディング®︎を夫婦で受講。さらに癒しが深まり、現在夫婦で心を重ねて家系全体の癒しに取り組み中。自然豊かな場所にある自宅で、不定期でシェア会やワークショップなどを開いている。

 

【お客様の声】

家系図セッションの主なテーマは「息子との関係をよくしたい」でした。 前回のアクセスリーディングセッションで教えていただいた、「居場所は女性性。そのままのあなたで一緒にいていいよ。どんなに甘えてもここにいていいよ。は母親のエネルギー」というのが、私にはなくて、「私のいうことを聞いて。私を困らせないで。邪魔しないで。邪魔するなら他の家に行って」と、「人としてそんな態度をとってはいけないでしょう」と、いうことを息子にしてしまうことが悩みでした。 セッションの結果は、「家系の女性性を癒していく」でした。 母も、母方の祖母も「我慢・孤独」の強い人で、祖母は痴呆、母もアルコール中毒・全身湿疹・円形脱毛症・不倫と、我慢に蓋をしたものがかなりのことを引き起こしていました。 その我慢のエネルギーは、先祖から流れてくるそうです。 みさきさんが、「お母さんにあらわれている我慢の症状は、先祖の女性の我慢を背負ったということで、1人を癒すと先祖の女性みんなの我慢が解放されていく」というところで、鳥肌が立ちました。 それを伝えたら、みんなの思いを受け取れて、みんなが喜びはじめてるということでした。体感として母性が流れ始めている状態だそうで、とても嬉しいです! 前回ならアクセスリーディングセッションで教えてもらったことを実行したら、パートナーシップも母との関係もとてもよくなったので、今回もセッションのあとにすぐ母に電話してみました! 最初は母の最近の日常の話を聞いて、その後に今日のセッションの話をして、先日祖母が母に、「私のことなんて誰も理解されない」と言っていたそうで、また近々母が祖母に会いにいくそうなので、今日教えてもらったことを母に伝えました。 母自身は「昔から話してもらえなかったから、祖母から『子育て中の話や子供の頃の話』を聞くのは無理なんじゃないか、嫌なんじゃないか」ということだったので、母の幼少期の話や、祖父母のことを教えてもらいました。 知らなかった話がたくさん聞けてよかったです。 母方の祖母が祖母の母の話を全くしないくらいの何かを抱えているみたいで、話を聞いても「話したくない」と言われてきたそうです。昔会いにいっても、別の部屋に祖母の母は入れられて、まともに会ったこともなかったそうです。 話を聞いていて、更に母との関係も少しずつよくなってきているのがわかりました。 それから話をしてからのたったの数時間ですが、息子に対しても我慢せず、でも穏やかに素直に接せられています! セッションの中で出てきた、「自分の未熟さをそのまま認める」ことができました! アクセスリーディングセッションも、家系図セッションも、効果が出るのがすごく早くてびっくりです! これからもどんどん変わっていくと思うので、楽しみです!今回もありがとうございました!

(K・Sさん 30代・主婦)

 

今回は家系図を見てもらいました。家系図セッションを受けるのは人生初でしたが、最初にみさきちゃんに伝えていただいたように、家系図を見る際どこかに問題があるのでは?というような、問題探しをしてしまうのはやめた方が良いんだなというのは途中からすごく感じました。見ていきたいテーマ毎に家系図の見ていくポイントが違ってくるお話もすごく興味深く、なるほどでした。私はお金をテーマに見てもらいました。母方の男性のキーパーソン達、曽祖父、祖父、おじさん達は家系の中のバランスを取るために依存症や自殺といったお役目を引き受けてくれたのかと、彼らの愛を全く違う角度から知ることができました。男性は女性を困らせ泣かせるという風に子供の頃にインプットしていたのですが、被害者と加害者ではなかったんだと分かったことがとても良かったし、また一つ愛に戻れたことが嬉しいです。ピュアでまっすぐなみさきちゃんとお話しするのが、毎回とにかくワクワクしたし心地よく、綺麗な上流の川の水でサラサラと洗い流すような、すっきり感がセッション後はいつもありました。 セッションではみさきちゃんもたくさん受け取ったって言ってくれるのもなんだかとても嬉しかったです。 3回のセッションが終わって10日ほど経ちましたが、みさきちゃんと初めて会った箱根のグルコンで作ったミッションステートメント、そこに意識がすごく向かっています。心安らぐ家族をつくること、その安心の中で生きることを、子ども達に残していきたいと思います。ご先祖様が繋げてくれた命のリレーを、分かりやすい愛に変換して渡していきたいと思います。 今までの家族や家系のこと、未来のパートナーのこと、みさきちゃんが一緒に見てくれたから。背中を押してもらいました。本当にありがとう。みさきちゃん大好きです。

(H・Oさん 40代・会社員)

 

セッションのテーマは、「元夫家族と仲良くしたい」でした。元夫の再婚が決まり、奥さんが「子供達(元夫と私の子供。元夫が養育中)には普通の家庭を味わせたいから、生みの母親(私)にはなるべく会わせないようにしたい。」と言っていて、元夫や子供達の幸せのために私は身を引いた方がいいのか、相談しました。大輔さんから「離婚しても良好な関係でいることが大切だし、再婚したら新しいパートナーぐるみで仲良くできることが大切。」と言われ、大輔さんが「男同士でサシで会うといい」という超必殺を提案してきたのは驚きでした。元夫がに会うのを拒否されているなら、現夫は他にもうまくいかなかった年上の男性がいるはず、との話に鳥肌が立ちました。現夫はかつて許せなかった兄との関係にずっと取り組んできましたが、兄に余裕がないのもあって、関係性が癒えずにいました。私の元家族との関係性をよくするために、現夫が兄との関係改善に取り組む、というのが驚きでした。夫婦で話した結果、今は兄と直接やり取りするのが難しいため、甥っ子と義母を連れて、義父のお墓参りに行くことにしました。また家系の男性同士の関係性をよくするため、現夫が甥っ子と仲良くなる、甥っ子を応援したり認めたりすることに努めていくことにしました。いつか現夫兄弟が気軽に会える仲になる日を想い描きながら、今できることに取り組もうと思います。私もあらためて元夫に感謝の手紙を送り、奥さんにもお会いできて、今は子供達とも会いたいときに会えています。形は複雑ですが、みんなが安心して本音を話せて、素直な愛でつながれる、大きな家族を目指して、焦らず取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。

(M・Kさん 40代・パート)

【開催日程】

5/17-5/19 家系から家族愛を読み解く 家系図ファシリテーター養成講座(ホテルヘリテイジ /埼玉県熊谷市)