よくある質問

アクセスリーディングについて

一般的にリーディングとは、肉体・感情・魂・エネルギーなどの情報を読み解くことです。1万件以上の病気に対する治療事例を残したエドガー・ケイシー、教育、芸術、建築医学など様々な分野で功績を残したルドルフ・シュタイナーなどが有名で、彼らはアカシックレコードと呼ばれるすべての情報が集まっている宇宙の図書館と呼ばれる高次のエネルギーフィールドから、様々な情報を受け取っていたと言われています。
 一方、アクセスリーディングとは、対象に心を重ねることで、自分と相手に必要な情報を読み解くことです。適切なエネルギー状態に入り、Googleのように検索することで、相手も自分も知らなかった情報にたどり着くことができます。多くの人が直感や直観と呼んでいるものを意図的に研ぎ澄ませ、データを蓄積していくことで、リーディング力が高まっていきます。アクセスリーディングでは必要な情報(本質)をクライアントともに受け取り、現実変化を促すことを私たちの目的としています。
アカシックリーディングやスピリチュアルなリーディングは、右脳的・感覚的なものが多い中で、アクセスリーディングは、直感(右脳/感覚)と直観(左脳/経験)の両方を使いこなすことで、精度の高いリーディングを行うことを指します。

「抽象的・感覚的な右脳的情報」と、「体系化された原則と経験の左脳的情報」をバランス良く組み合わせることができるのが、他のリーディングとの違いです。本来誰もが持った右脳的な能力を、情報や知識などの左脳的な能力と合わせて行うため、特殊な能力がなかったとしても、左脳のデータベース量を増やすことによって、誰でも習得することができるものになっています。

また、リーディングが当たるか当たらないかよりも、現実が動いたか動いていないかを最も重要とします。奇跡は常に二人以上で起こり、相乗効果によってパラダイムシフトが起きます。

一般的なカウンセラーやヒーラーの多くは、相手の中に原因を見出していくのに対し、アクセスリーダーたちは必要な情報を相手と共に受け取り、共に現実変化を促すことを目的としています。現実創造のためには、相手だけではなくアクセスリーダー自らが自分事として受け入れることが大切です。

協会について

「リーディングという概念を一般化し、車の免許のように誰もが当たり前に取得できる技能にする」というミッションのもと、2018年6月21日、夏至の日に一般社団法人アクセスリーディング協会を設立しました。
わたしたちは​リーディングの研究、実践、普及をしています。

具体的には、人の感情や思い込みによる行動パターンの研究や、親子間や家系における課題の研究をもとに、教育事業を通し、大人も子供も本来の自分の個性や魅力を発揮し、かつ、それらを活かしあいながら全体と調和し​、創造的な世界を実現するために活動をしています。​
現在、お子様をお連れの主婦の方、ご夫婦やご家族、お医者様や経営者の方まで幅広く入会していただいております。
アクセスリーディングの原理原則をはじめ、さまざまな人間の感情や行動やパターン、アクセスリーダーとしての在り方を学んでいきます。また、講座内でアクセスリーディングのセッションを受講生同士で目撃することで、感情の変化や現実創造が加速されます。
各認定資格を取得すると、主に以下のことができるようになります。

 ◆認定リーディングアドバイザー
  1)リーディングバイブルを活用したリーディングアドバイス
  2)リーディングカフェの開催

 ◆認定アクセスリーダー
  1)認定リーディングアドバイザーができるすべて
  2)アクセスリーディングのセッション
  3)グループリーディングの開催(準備中)

 ◆認定講師
  1)各種コンテンツの講師

会員入会について

会員には、一般会員、上級会員、法人賛助会員、個人賛助会員の4つの種類があります。認定資格や講座を一切受けていなくても、一般会員や賛助会員になることができます。

詳しくは、会員募集のページをご覧ください
ありがとうございます。会員募集ページからご入会ください

お支払いについて

費用は銀行振込の他、クレジットカードでもお支払いが可能です。お振込での分割希望の場合、3回まで分割可能です。分割を希望される方は、事務局までご相談くださいますよう、お願いいたします。
ご入用の方は事務局までご連絡ください。
また、クレジットカード決済を行った場合、クレジットカード会社で発行している利用明細書を領収書にかえさせていただきます。
※ 協会発行の領収書仕様のものが必要な場合は事務局までご連絡ください。
当協会の会員になると、講座の割引などがありますので、会員募集ページをご確認ください。また、強い意欲を持っているが金銭的な理由で受講を諦めている方には、特待生制度も準備しております。詳しくは、こちらのページをご確認ください。

お子様、学生に関して

お子様連れの講座参加については、こちらのページをご確認ください。当協会も子育て中の保護者が多く、可能な限り受け入れていきたいと思っております。
中学生以上であれば、講座を受講することが可能です。また学割制度も準備しておりますので、こちらのページからご確認ください。